「散文誌 隣り村」7号

紹介
【もくじより】
 
「表紙の裏に」⑦ 筒井泰彦
……………………………………………………………
小説 本山航大「待ちつ待たれつ」
小説 田﨑弘章「ジュラ紀」
……………………………………………………………
「北海道の文学」⑦ 水溜真由美  『アイヌ神謡集』知里幸恵・編訳
   水溜真由美  知里幸恵の里を訪ねて
内田友子  市川沙央『ハンチバック』
大矢和世  野本三吉『水滴の自叙伝』を読む
小林美恵子  吉屋信子と甲斐仁代
「沖縄の文学」⑥ 村上陽子  目取真 俊『水滴』
……………………………………………………………
木村聖哉 「知の巨人」の素顔・鶴見俊輔さんの思い出(下)
「江ノ電・鵠沼・富士山の文学」⑦ 小林美恵子  太宰治『富嶽百景』
長野秀樹  檀一雄『リツ子・その愛』『リツ子・その死』論(その二)
「隣り国」⑤ 平原奈央子  文学で旅する江原道〜江陵、平昌、春川
……………………………………………………………
有馬学 「戦後」を読み直す――同時代史の試み
  第六回 高度消費社会は「戦後」か? 自動車をめぐるフォークロア
辻豊・土崎一『ロンドン―東京5万キロ 国産車ドライブ記』
徳大寺有恒『間違いだらけのクルマ選び』
……………………………………………………………
野崎泰伸  追悼・立岩真也 その人間観・社会観・生命観
森明香  「ルッキズム」から逃れたい
……………………………………………………………
〈随想〉
山口駿一  「にあんちゃん」の里から
鈴木美穂  おひとりさま。思ってもみなかったけれど…
岩尾雄四郎  熱くなっていく地球 EVや原発も不完全
八田千恵子  崩れる
……………………………………………………………
「中野重治を読む」⑦ 竹内栄美子 「むらぎも」
茶園梨加  「日向新しき村」の今
ある日本女性の見た戦前・戦後の90年 多々良友博 下川正子聞書帖(六)
『隣り村』拝見 6号 槙林滉二 拝見にあらず散策と探訪
あとがき
「虹の松原散策」⑦ 田中明(写真・文)「はい松」と山頭火
 
表紙絵「雪の日」 服部大次郎
 
 
 


著者

「散文誌 隣り村」編集室

さんぶんしとなりむらへんしゅうしつ

井本誠司・田崎弘章・多々良友博・永野いつ香・森明香・八田千恵子(代表)