「散文誌 隣り村」6号

紹介

【もくじより】
「表紙の裏に」⑥ 筒井泰彦
連載小説 本山航大「手のひらを太陽に」 第二話 第三話
小説 井本誠司「天国への石段」
「北海道の文学」⑥ 水溜真由美  村上春樹『羊をめぐる冒険』
水溜真由美  『羊をめぐる冒険』の舞台 美深町を探ねて
長野秀樹  檀一雄『リツ子・その愛』『リツ子・その死』論(その一)
鈴木一正 透谷文学の泉を汲み取ろう 研究会が刻んだ32年間と現在
……………………………………………………………
「江ノ電・鵠沼・富士山の文学」⑥ 小林美恵子  武田百合子『富士日記』
木村聖哉 「知の巨人」の素顔・鶴見俊輔さんの思い出(上)
「隣り国」④ 平原奈央子  「韓方」の街、大邱・慶尚北道
……………………………………………………………
「沖縄の文学」⑤ 村上陽子  大城立裕『カクテル・パーティー』
ある日本女性の見た戦前・戦後の90年 多々良友博「下川正子聞書帖」(五)
「中野重治を読む」⑥ 竹内栄美子 「五勺の酒」
……………………………………………………………
〈随想〉
服部大次郎  明るい暗い(絵・2023年夏ウクライナ)
大矢和世  思ってもみなかったけれども
森下惇司  オスプレイ、必要では?
吉岡剛彦  〈丸腰〉の力 「問い」に答えて
岩尾雄四郎  台湾を訪ねて
山田拓史  私の「隣り村」拝見
八田千恵子  これからの日々を
……………………………………………………………
田﨑弘章 私たちは何を用いて書くのか 鉛筆から生成AIまで
『隣り村』拝見 5号 鬼嶋淳 生きる「現場」を考えあう雑誌
……………………………………………………………
「戦後」を読み直す――同時代史の試み は休みます
有馬学 編集者への手紙(「「戦後」を読み直す」休載の弁)
……………………………………………………………
「虹の松原散策」⑥ 田中明(写真・文) 三大松原

表紙絵「家路」 服部大次郎

著者

「散文誌 隣り村」編集室

さんぶんしとなりむらへんしゅうしつ

井本誠司・田崎弘章・多々良友博・永野いつ香・森明香・八田千恵子(代表)