「散文誌 隣り村」5号

紹介

【もくじより】
「表紙の裏に」⑤ 筒井泰彦
連載小説 本山航大「手のひらを太陽に」 第一話 ぢっと手を見る
掌篇連作小説 田﨑弘章「エツ爺の家」
……………………………………………………………
「北海道の文学」⑤ 水溜真由美  安部公房『榎本武揚』
角岡伸彦 わたしの『青春』
……………………………………………………………
吉岡剛彦 押忍!オスプレイ 勝手に来やがれ、佐賀空港へ
槙林滉二 「隣り村」への断想 ―「他者」の発見
……………………………………………………………
「江ノ電・鵠沼・富士山の文学」⑤ 小林美恵子  井上靖『夏草冬濤』
「隣り国」③ 平原奈央子  李禹煥と村上隆の回路
……………………………………………………………
有馬学 「戦後」を読み直す――同時代史の試み
  第五回 等身大の異文化―韓流前夜
関川夏央『ソウルの練習問題』
別冊宝島39『朝鮮・韓国を知る本』
……………………………………………………………
「沖縄の文学」④ 村上陽子  池沢聰『ガード』
「中野重治を読む」⑤ 竹内栄美子 「歌のわかれ」
……………………………………………………………
ある日本女性の見た戦前・戦後の90年 多々良友博「下川正子聞書帖」(四)
『隣り村』拝見 4号  長野秀樹 「私史」に喚起される個々の実感
……………………………………………………………
〈随想〉
  山田和男  車座で大いに語ろう 今秋、唐津で「山脈の会」
  岩尾雄四郎  恐竜は、なぜ滅んだのか?
  小林敏昭  応答としての『季刊しずく』
  八田千恵子  手を振っていた人
……………………………………………………………
「虹の松原散策」⑤ 田中明(写真・文) 樹齢と気候
   補遺「大老の松」二世育つ
 
表紙絵「大きく漕いで楽しいね」 服部大次郎

著者

「散文誌 隣り村」編集室

さんぶんしとなりむらへんしゅうしつ

井本誠司・田崎弘章・多々良友博・永野いつ香・森明香・八田千恵子(代表)

古小烏舎より発行の関連書籍

「散文誌 隣り村」創刊号
「散文誌 隣り村」2号
「散文誌 隣り村」3号
「散文誌 隣り村」4号