「散文誌 隣り村」3号

紹介
【もくじより】
筒井泰彦「表紙の裏に」③
小説 富崎喜代美「やわらかく哀しい風が吹く」
  連作掌編「冬の動物園」「ドナドナ」「馬の絵」
小説 田﨑弘章「冬の海辺で」
「北海道の文学」③ 水溜真由美  山田風太郎『地の果ての獄』
木村聖哉 「反骨の演歌師・添田啞蝉坊」(番外)
  岡大介、浅草木馬亭で啞蝉坊生誕150年祭
「江ノ電・鵠沼・富士山の文学」③ 小林美恵子  江國香織『神様のボート』
「隣り国」① 平原奈央子  釜山、日本残影
……………………………………………………………
有馬学 「戦後」を読み直す――同時代史の試み
  第三回 『暮しの手帖』の問題
……………………………………………………………
「中野重治を読む」③ 竹内栄美子 「村の家」
「沖縄の文学」② 村上陽子  池宮城積宝『奥間巡査』 
岩尾雄四郎 「思い出の旧ソ連・東欧諸国」(下)
……………………………………………………………
多々良友博  ある日本女性の戦前・戦後の90年
  「下川正子聞書帖」(二)東京編②
……………………………………………………………
〈随想〉
  横尾章  「父母と、故里佐賀古川さんの揺り籠」
  八田千恵子 「或る作家の妻 勁い人の美しさ」 
  田中美和子  「電気釜の話」他1篇(転載)
『隣り村』拝見② 吉岡剛彦  隣り村はいずこにありや?
「虹の松原散策」③ 老松  田中明
 
表紙絵「夢を宇宙(そら)にボロを売る(ぼろやさん)」 服部大次郎
 
 
著者

「散文誌 隣り村」編集室

井本誠司・田崎弘章・多々良友博・永野いつ香・森明香・八田千恵子(代表)